食品の宝庫日本が誇る自慢の規格書

人気の回転寿司のチェーン店、そこでどうしてあんな形のいい海老が提供できるのかというのは規格書通りに加工しているからとしか言いようが無い。あの海老を加工しているのは東南アジアのとある国で、日本からの規格書に従って現地の労働者たちが海老の加工をしているが、規格書に書かれているどこの川で採れた体長何センチ以上、何センチ以下の海老を、収穫後何時間以内に調理する。食品の調理に当たっては加熱した時に背中が曲がらないように金串で形を固定してから何度以上の熱湯に何分間浸水させ、その後規格書に書かれている時間の温度まで冷却する。一見食品の為にそんな細かいことまで決めてあるのと思われがちだが、慣れてしまえば意外と簡単。