太った自分の体型に合う大きいサイズの服。

自分は背が低いのですが太っています。
そのせいで本来背丈に合うはずの服が小さくて合いません。
シャツなどは、無理やり着ると破れそうになるし、前にボタンがある服などは袖を通すことができても、胸の前にあるボタンを合わせることができません。
ただし、太っているので痩せることさえできれば着ることができるのです。
知り合いに背の高いひとがいて、そのひとがお下がりの服を何着かくれました。
恐らく自分には大きすぎると思ったのですが、これがなんとピッタリなのです。
その服は長い上着の冬服でしたが、大きくてゆとりがあり、太った自分の体でも十分でした。
それに長いので、上着の下の部分が大分ズボンの中に入り、ズボンと上着の間からすき間風や、冷気を見事にシャットダウンしてくれるのです。
これもとてもうれしい事でした。
なぜなら今まで着ていた上着は短かったので、ズボンとの間に何時の間にかすき間ができて、そこから隙間風や冷気が入って来て、お腹を冷やすことがたびたびあったからです。
ですがこの大きいサイズの服のおかげで、お腹を冷やす悩みが解決できました。
大きいサイズの服は、太っている自分にピッタリ合い、救われた気分になりました。
服は背丈より、太った体型に合わせる必要があると感じました。