後遺障害の要件

後遺障害は急性期症状つまり交通事故の直後から起きていた、一定期間の強い症状と、後遺症が治った後でも残った、神経症状や機能障がいなどのことです。
後遺症との違いとしては、2つは似ていますが、下記の要件を満たしたものが後遺障害として認定されます。
要件は交通事故によって受傷した肉体的また精神的なケガなどが、症状固定つまり回復が見込めない状態であり、またそれが医学的に証明・説明できるもので、かつ労働の能力の低下をともない、その程度が法律上の等級に該当するものです。
上記のような後遺障害はけがをした部分と別に、損害賠償の請求の対象になります。
具体的に交通事故で受傷したけがのうち、むちうち症などつまり固定症状があるものが上記として損害賠償の対象になります。
むちうち症状は病院で薬物治療やリハビリなどを受けることにより、一時的に多少は回復するものの、時間が経つとまた元に戻り、とずっと一進一退を繰り返すものです。
※↑に関してココもおすすめ